日本向けのSUV 「BMW X1」

003「BMW X1 sDrive18i」松山店に入庫致しました☆

004006X1は日本市場を強く意識したモデルです。全幅は1800㎜に抑えられ、全高も多くの立体駐車場をクリアできるよう1545㎜と低くされるなど、特に都市部での使用を念頭に置いて開発されました。SUVというより、背の高いワゴンという印象のX1。。名前こそ「X1」ですがベースとなるプラットフォームは「1シリーズ」ではなく「3シリーズ」なのです。2760㎜のホイールベースと前後のサスペンション形式も、「3シリーズ」のセダン/ツーリングワゴンと同じです。室内の開放感はそこそこというレベルですが、着座位置は低く、セダンやワゴンからでも違和感なく乗り換えられます。また後席はシートバックが3分割可倒式とされるなど、SUVに期待される使い勝手はしっかりと備わっています!001002

 

松山店の撮影☆彡

先日、ガルウィング松山店にて、お天気フィラー用の撮影をいたしました!!

(お天気フィラーとは、番組の合間に放送される天気予報の背景動画のことです。)

001撮影は某有名カメラマンさんにお願いしました。

撮影当日。。ワイルドなお兄さん登場w(*゚▽゚*)w しかも、オシャレさん♪♪ さすが、カメラマン!センスがいいですね!アップの写真がないのが残念ですが、また機会があれば撮らせてもらおうと思います☆

さて、いよいよ撮影開始です!お昼からの撮影でしたが、あれよこれよというまに段取りよくあっとゆう間に終了!プロ目線でお車がよく映る角度を探し、鋭い眼差しで撮影してくださいました(^-^)/ありがとうございますo(^▽^)oですが、「夜バージョンも撮影したい!」とのことで二度ご来店。。さすがプロのこだわりです!出来上がりが楽しみですね(*≧∀≦*)

今回はお天気フィラーの撮影をしていただいたのですが、また、放映日時が決まればご報告したいと思います!

 

アバルトとマセラティのコラボ♪♪

001フィアット クライスラー ジャパンは1月11日、マセラティとコラボした限定車『アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ』を発表し、3月1日より発売となりました。全世界限定499台のうち、日本には100台導入され、その数少ないうちの一台を松山店にて展示しております!!

008007005「アバルト」と「マセラティ」という2つのイタリアンカーブランドの名前を冠する「アバルト 695 エディツィオーネ マセラティ」。ベースモデルは「アバルト 500C」で、ボディカラーには、マセラティの3層メタリック塗装「ポンテベッキオ ボルドー」を採用しています。ドアハンドルのそばには、2大ブランドのコラボレーションを示すスペシャルバッジが輝いています。専用デザインの17インチアロイホイールは、マセラティのエンブレム「トライデント(三叉の銛)」をイメージしています。1.4リッター直列4気筒DOHCターボエンジンは、最高出力180馬力、最大トルク25.5kgmです。変速機にはATモード付き5速シーケンシャルトランスミッションの「アバルト コンペティツィオーネ」を組み合わせています。サンドベージュのレザーシートには「695」をエンボス加工し、専用カーボンキックプレートや車両シリアルナンバープレートなど細部に至るまでマセラティらしい特別感を演出しています。また、2ウェイバルブを採用したエキゾーストシステム「レコードモンツァ」よって、力強いエンジンサウンドが楽しめます。

 

 

 

003004002

珍客「メ~メ~」

F1010463.JPG1362648645021先日、お客様が珍しい子を連れて来てくださいました☆

それは、な、な、な、なんと『子ヤギ』です!!

ヤギを見たのは何年ぶりでしょうか。。

この子達は、まだ生後4日だそうです!

人懐っこくて、ものすごーく可愛かったです(*≧∀≦*)1362648634309

ヤギ山羊野羊)は、ウシ科ヤギ属の総称です。「ヤギ」の語源は「野牛」(やぎゅう)が転訛したものという説があります。ヤギは、人間が飼いはじめた最初の動物の一つで、8000年~10000年前からいたといわれ、種類は210種類以上で、世界中に約8億6000万頭もいるそうです!世界にいるヤギの大部分は、中東とアジアに生息しているそうです。1362648591715

ヤギの瞳。。瞳孔の形がネコは縦型、人は円形であるのに対してヤギは横型で眼球が黄色の中に茶色の瞳孔があります。これは明るい場所で、瞳孔を細めても水平の広い範囲が見渡せるためだとされています。ヤギは視野が320~360度あるといわれ(人間の視野は160度~210度)、動かなくても周りにある殆どの物が見えるそうです。特に夜の視力能力が高く、夜でも行動します!暗い場所では、瞳孔が真ん丸に開き、すごく可愛い瞳になるそうですo(^▽^)o1362648562991

ヤギは紙を食べる動物としても知られていますよね。与えられれば割と積極的に食べる場合が多いそうです。しかし、現実には、現代の紙を食べさせると消化できず、腸閉塞などを起こす可能性があり、危険だそうです。昔は紙の多くが植物のみでできていたので、ヤギが食べる(消化する)ことができたそうです。このため、大事な書類や手紙などをヤギに食べられてしまうというエピソードが、童話や童謡などに登場したそうです。1362648544575

ガルウィング

F1010480.JPGメルセデス・ベンツ「SLS AMGパフォーマンス」を松山店のショールームに御納車までの5日間だけ展示させていただきました!

成り立ち、スペック、見た目、ポジションと、誰が見ても特別な1台であるということがわかるでしょう!

通りすがる人たちみんなの注目の的でした(((o(*゚▽゚*)o)))

二度見、三度見は当たり前(笑) 歩行者の方々も足を止め見入ってました(^o^)/

F1010487.JPG016メルセデス・ベンツのスポーツ部門であるAMGが開発した、ガルウィングドアを持つ2シーターFRスポーツが「SLS」です!’10年からF1のセーフティーカーとして活躍していることでも有名ですが、この大役を務めるクルマには高いパフォーマンスが求められます。なぜなら、あまりに低い速度で走るとF1マシンのタイヤが冷えグリップが低下してしまうからです。そんな状態で再スタートが切られたら安全は確保できないのです。そう、SLSにはF1の安全を守る役目を見事に果たすだけのパフォーマンスが備わっているのです。軽量にして強靭なアルミスペースフレーム構造のボディに571psを発生する6.2L V8と7速デュアルクラッチタイプの2ペダルシステムを組み合わせたSLSのドライブフィールは痛快です!の一言です。鋭いレスポンスと豪快なサウンドはドライバーの心理状態を昂ぶらせ、常に戦闘モードへと導くでしょう。このあたりはSLKやSLと大きく異なる部分ですが、乗り心地は意外なほど快適です。洗練されたインテリアの仕立ても極めて乗用車的です。